アメリカでITベンチャーがサービス開始前に33億円調達したそうな

シリコンバレーから速報です。

米IT(情報技術)ベンチャーのカラー(カリフォルニア州)が24日、
ベンチャーキャピタル(VC)などから4100万ドル(約33億円)を調達したと発表。
カラーは同日に高機能携帯電話(スマートフォン)のアプリの提供を始めたばかり。
実績の乏しい企業による巨額の資金調達に対して「ITバブルの再来」との懸念も浮上している。

たしかに、これはちょっとやりすぎな気がしますね。
シリコンバレーっぽいと言えばシリコンバレーっぽいですし、
起業家からしてみれば悪い話ではないと思いますが。
サービス開始前に33億円も調達できるなんて、
今のアメリカには魅力的な投資先が少ないのかな?なんて考えてしまいますね。


コメントを残す

-->
あわせて読みたい