個人事業主とは

個人事業主とは

個人事業主とは、一般的に個人で独立し、事業を行っている方で、『個人事業の開業届』という書類を所轄の税務署に提出した方の事を指します。

実際には『個人事業の開業届』を提出しなくても個人事業を始めることは可能なのですが、新たに事業を開始した時の手続きとしてこの書類を提出することになっています。

その名の通り単に個人で事業をしている人のこと個人事業主と言うこともあります。

イメージとしては、街の八百屋さんとか、喫茶店とかの小規模な個人経営で、 法人化するほどでもない事業が個人事業で運営されていることが多いです。

ちなみに自営業は同義の言葉になります。

自分で事業を起こそうと考えた時に、まず最初に会社設立を思いつくという方も多いかもしれませんが、会社設立には何十万円という経費がかかってしまします。

しかし、個人事業主の開業であれば、まったくお金もかからず、税務署に開業届けを出すだけで初めることができます。

これから個人事業主として独立起業をしようと思っている方は以下のサイトも参考にしてみてください。

個人事業主開業NAVI – 個人事業主・自営業者のための情報ポータルサイト これから個人事業主として開業する方、既に個人事業主として開業した方、どちらにとっても役立つ情報をたくさんご紹介いたします!個人事業主・自営業者なら知っておかないと損する情報が盛りだくさんです!

ちなみに、統計局の調べによると、日本における個人事業主の数はここ20年間で約290万人も減少しています。

日本ではこれから企業が出す求人数はどんどん減っていき企業への就職自体なかなか難しくなるかもしれませんので、国の政策として個人事業主の開業支援に様々な助成金を出したりということをしていけなければいけないのではないかと個人的には思っています。


コメントを残す

-->
あわせて読みたい